読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーカーのフードにうんちを入れられないようになるたった4つの方法

パーカーのフードにうんちを入れられたら臭いし汚いし最悪ですよね。そこで、パーカーのフードにうんちを入れられないようにするためのたった4つの簡単な方法をご紹介します。

*この記事は約30秒で読めます

1.人にやさしくする

普通、やさしくしてくれた人のパーカーのフードにうんちは入れません。普段から人にやさしく接することでパーカーのフードにうんちを入れられる確率を大幅に減少させることが出来ます。

いいひと。 DVD-BOX

いいひと。 DVD-BOX

 

 

2.パーカーのフードをかぶってしまう

フードをかぶっていれば、うんちを入れようがありません。普段からフードをかぶったまま生活をすることでうんちを入れられなくなります。ただし、心を閉ざしている人だとみなされるリスクがありますので注意しましょう。

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ [DVD]

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ [DVD]

 

 

3.家から出ない

家から出なければ誰もあなたのフードにうんちを入れることが出来ません。家でじっくり海外文学でも読んでみるのはいかがでしょうか。

別荘 (ロス・クラシコス)

別荘 (ロス・クラシコス)

 

 

4.料理の鉄人道場六三郎が着ていたブルーのサテン地のユニフォームを着る

そもそもパーカーを着ていなければフードにうんちを入れることなど不可能です。そこで、料理の鉄人道場六三郎が着ていたブルーのサテン地のユニフォームを着てみましょう。

 

f:id:p-tansukegawa:20150810093545j:plain

 

以上、今回はパーカーのフードにうんちを入れられないようになる4つの簡単な方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

毎日を快適に過ごすために、上記の対策を検討してみてはいかがでしょうか。