読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニマ浜口

「気合だ、気合だ、気合だ」
 
気が付くと私はそのフレーズを連呼していた。一体いつからそうしていたのか、なぜそうしているのかは分からなかった。”気合”という言葉の意味はおろか、自分が何者であるかすらも思い出せなかった。ただ一つ、私に”キョウコ”と呼ばれていた大柄な女性が、すっかり冷たくなった私の体に覆いかぶさり、泣き叫び、ひどく悲しんでいる光景だけは覚えていた。
 
「気合だ、気合だ、気合だ」
 
どこでもないこの場所で、きっと私は壊れたレコードのように永遠にこの意味の分からない言葉を叫び続けるのだろう。それでも絶望に陥っていないのは、その唯一覚えている光景が、なぜか私をおだやかな気持ちにさせるからだ。